法常寺
ほうじょうじ
  • 市内中心部
  • 神社・仏閣
  • 曹洞宗
1258年、竹原小早川氏の菩提所として、竹原市新庄木村山城の西側高地に建立。本郷町新高山城北側山麓船木を経て、天正20年(1592年)この地に移されました。寺では、小早川隆景が死去したとき葬儀が行われ、この境内において火葬されました。又、墓地には福島正則の家老で、三次市の尾関山の城を守った尾関石見守、隠岐守の2つの大きな墓石があります。これは福島正則が小早川家にかかわる寺社の所領を没収するなどにより苦境に陥っていたとき、所領の回復につくしてくれたこの二人の尾関氏に対し、その報酬の気持ちから建てられたものです。
住所広島県三原市西宮1-8-1
お問い合わせ先【法常寺】0848-62-5028
アクセス三原駅から徒歩15分
ゆかりの人物» 小早川隆景