三原観光navi | 広島県三原市 観光情報サイト 海・山・空 夢ひらくまち

三原城は平成29年に築城450年を迎えました
瀬戸内三原 築城450年事業

三原観光navi | 広島県三原市 観光情報サイト 海・山・空 夢ひらくまち

メニューMENU

Languages
  • 市内中心部
  • 神社・仏閣
米山寺 べいさんじ
仁平3年(1153)に天台宗の寺として建てられた寺院で、嘉禎元年(1235)小早川茂平が念仏堂を建立して氏寺としました。以来、小早川家の菩提寺で初代実平から17代隆景までの宝篋印塔(国の重要文化財指定)20基の墓が整然と並んでいます。また寺の宝庫には絹本著色小早川隆景像(国の重要文化財)があります。この隆景像は文禄3年(1594)京都大徳寺の塔頭、黄梅院の玉仲禅師が寿像(生きているうちに書いた人の像)に賛をした、衣冠束帯の像で、威風堂々としたものです。宝篋印塔の中で一番大きい高さ2.5mの供養塔は、大工念心の作で国の重要文化財に、また小早川隆景の墓も、県の史跡に指定されています。全国的にこれほど保存がよく整然と2列に並んだ宝篋印塔は他に例を見ない重要な文化遺産です。
基本情報
住所広島県三原市沼田東町納所460
お問い合わせ先【米山寺】0848-66-0693
料金など無料
駐車場有 20台
アクセス三原駅より車で25分
トイレ
備考曹洞宗

マップで見る

ページTOPへ