地蔵堂
じぞうどう
  • 市内中心部
  • その他
これは牢人荒木助市が紀州よりもってきた本尊を安置して建てたもので、この堂内には市重要文化財の木造地蔵菩薩坐像と木造厨子があります。また、その境内には延宝3年(1675年)この地方に飢饉が起こり多くの人が死亡したときの供養塔があります。
▼この中腹の道に沿った寺院は、いずれも高台にあるため、古い家並みの市街地を一望することができます。またこの道は、海路と陸路を結ぶ重要な街道として古くから開けたところですが、時代とともに道は下にさがり竪町が形成され、その街道沿いに浄楽寺、専福寺があります。
住所広島県三原市東町3丁目
お問い合わせ先【三原観光協会】67-5877
駐車場
アクセス三原駅から徒歩約20分
トイレ