三原市の郷土料理

前のページに戻る

雑煮

雑煮

お正月のごちそうと言えばお雑煮です。
大晦日に神仏へお供えしたお餅や野菜を元旦に下げて一つの鍋で煮込んで作り、新年の豊作や家内安全を願って食べられてきました。
ご紹介するレシピには、焼アナゴ、かまぼこ、大根、人参が入っていますが、皆さんのご家庭のお雑煮にはどのような具材が入っていますか。
広島県内だけでも、カキ、ブリ、はまぐり、牛肉、鶏肉などが入っていたり、野菜についても、里芋、しいたけ、水菜、白菜などが入っていたりとバリエーションは様々です。
おもちの形(丸、四角)や調理方法(焼く、煮る)、地域の特産物の具材と切り方、仕立て(すまし、みそ)の方法などの様々な組み合わせにより、全国各地で地域性が色濃く反映されたお雑煮が食べられています。
新しい年の初めにいただく特別な家庭の味として、ぜひ作っていただきたい大切な郷土料理です。

材料(1人分)

丸もち
1個
にんじん
5g
大根
10g
三つ葉(葱)
3g
焼あなご
1切
かまぼこ
2切
薄口しょうゆ
2g
1g
だし汁
1カップ

作り方

  1. にんじん・大根は5㎜幅のいちょう切りにする。
  2. 焼あなごは食べやすい大きさに切る。
  3. 三つ葉は2㎝の長さに切る。(葱の場合は、小口切りにする)
  4. だし汁に「1」を加えてやわらかくなるまで煮る。
  5. 塩、薄口しょうゆで調味する。
  6. 丸もちを焼き、焼あなごとかまぼこをのせる。
  7. 「5」を器に注ぎ、三つ葉(葱)を飾る。
ページのトップへ戻る