三原市の郷土料理

前のページに戻る

焼き鮎

焼き鮎

夏の風物詩、鮎の定番料理と言えば塩焼きです。お好みで、たでの葉を塩・酢と共にすりつぶしたほんのり苦味のある「たで酢」と一緒にいただくと一段と風味が豊かになります。
店頭にも並びますが、三原の沼田川でも鮎漁が行われ、夏にはあゆまつりも開催されています。また、小学生による鮎の稚魚の放流活動も行われており、その美味しさを楽しむだけではなく、鮎を通して自然環境について考えるきっかけにもなっています。
ご家庭の食卓でも、この焼き鮎で夏の清流の風情を楽しんでみてはいかがでしょうか。

材料(一人分)

2匹
適宜
竹串
2本

作り方

  1. 鮎は竹串を打ち、塩を振っておく。
  2. 焼き網にのせ、鮎を両面焼く。
ページのトップへ戻る