三原市の郷土料理

前のページに戻る

春のみはらの郷土料理 「押ずし」

押ずし

お祭りやお祝い事があると必ず作っていたものです。
田植えが終わり「泥落し」などの時にも「ちしゃもみ」「しばもち」などと一緒に作っていました。子どもから大人までが楽しみにしていた一品です。

材料(一人分)

80g
出し昆布
3cm角
A
大さじ2
砂糖
大さじ1
小さじ1/2
1/3個
砂糖
小さじ1
小さじ1/4
でんぶ
2g
木の芽又はパセリ
適宜

作り方

  1. 米をとぎ、だし昆布を加えかためにご飯を炊く。Aの合わせ酢を加え、すし飯を作る。
  2. 卵に砂糖、塩を加え卵焼き(中厚)を作る。
  3. すし型にすし飯をいれる。
  4. 「3」の上に卵焼き、でんぶ、木の芽を飾り、押し型を押す。
ページのトップへ戻る