三原市の郷土料理

前のページに戻る

煮菜(にじゃあ)

煮菜(にじゃあ)

食物繊維の豊富な「あらめ」は昔から常備菜として親しまれています。
田植えや、夏場の天神さん祭り、お盆には必ず作られる一品でした。
海藻、野菜、油がとてもよくマッチし、暑さで食欲のないときのお助け料理です。

材料(一人分)

大根
80g
人参
10g
油揚げ
5g
根深ねぎ
10g
いりこ
1~2匹
しょうゆ
小さじ1
サラダ油
小さじ1/2

作り方

  1. 大根、人参はベンリナーで太めに突いて、水気を少しきる。
  2. 油揚げはせん切りにする。
  3. 根深ねぎはぶつ切りにする。
  4. 油でいりこ・大根をしっかり炒め、油揚げを入れてひと煮したら、しょうゆを入れて、水気がなくなるまで煮込み、最後にねぎを加えて、火を止める。
ページのトップへ戻る