三原市の郷土料理

前のページに戻る

みそ田楽

みそ田楽

田楽は、平安時代に行われていた「田楽」という芸能が語源です。
材料を串に刺した形と、踊る芸人の姿が似ていたことから「田楽」と名づけられました。
本来は、みそ田楽とは、こんにゃく、里芋などを串に刺し、ねり味噌を塗りつけて焼いた料理ですが、ここでは茹でています。神明さんには、大なべに作っていただいていました。寒い時期に、あつあつをいただきたい郷土料理です。

材料(1人分)

大根
80g
里芋
50g
たこ
1杯
こんにゃく
1/4枚
だし汁
適量
A
みそ
20g
砂糖
15g
大さじ1/2
大さじ1/2

作り方

  1. 大根は厚めの輪切りにして、米のとぎ汁をたっぷり入れて、やわらかく茹でる。
  2. こんにゃくは三角に切り、里芋は皮をむいて食べやすい大きさに切り、それぞれ茹でる。
  3. たこは米ぬかでぬめりをよく落とし、茹でる。
  4. 「1」鍋にだし汁を沸かし、「1」「2」「3」を串に刺しあたためる。
  5. Aの材料を鍋に入れて、てりがでるまで練り混ぜる。
  6. 「4」に「5」の味噌を塗りつけていただく。
ページのトップへ戻る