三原市の郷土料理

前のページに戻る

草もち

草もち

薬草とされたよもぎを餅に混ぜて作り、ひなの節句に女の子の健やかな成長と幸せを願って作りました。三月の終わりから、田んぼのあぜ道でよもぎを摘む光景をよくみかけていました。

材料(一人分)

上新粉
100g
熱湯
110g
よもぎ
30g
炭酸
少々
砂糖
大さじ1
つぶあん
80g

作り方

  1. よもぎは炭酸を入れて色よくゆでて、水気を絞って細かく刻む。あんは6こに分けて丸める。
  2. ボールに上新粉を入れて熱湯をそそぎ、菜箸でかき混ぜる。手が入る温度になったら手でよくこねる。(耳たぶくらいの軟らかさ)
  3. 蒸気の立った蒸し器にぬれ布巾をしき、「2」を2~3つの薄い円盤状にして並べ、強火で透明になるまで20分位蒸す。
  4. 「3」を熱いうちにボールに入れ、すりこ木でつきながらよもぎと砂糖を加え、全体をよくまぜる。
  5. 手が入る温度になったら手でよくこねる。
  6. 手に水をつけて「4」を6こにちぎり、平らに延ばして中にあんを入れて包む。
ページのトップへ戻る