三原市の郷土料理

前のページに戻る

栗ごはん

栗ごはん

夏の暑さも少し和らぎ、秋らしさを感じるようになると、そろそろ食べたくなるのが栗ごはんではないでしょうか。栗は、さつま芋と並んで、特に女性に好まれる秋の味覚だと言われています。
材料の栗を集める栗拾いは秋の行楽としておなじみですね。子どもの頃、幼稚園や学校の行事で楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。栗は、皮をむくのに手間がかかりますが、そのぶん出来上がった栗ごはんを食べる喜びはひとしおです。最近では、皮をむいてある栗が市販されているので、簡単に作ることもできます。
子どもから大人まで皆に喜ばれる、秋の食卓に登場させたいメニューの一つです。

材料(1人分)

1/2合
3個
小さじ1/4
みりん
小さじ1

作り方

  1. 栗は鬼皮、渋皮をそれぞれむいて1個を4つ割りにし、10分ほど水にさらします。
  2. 米は洗ってざるにあげ、炊飯器に水を注いで30分位おき、塩、みりんをいれ、栗をのせて炊きます。
  3. 炊き上がったら10分ほど蒸らし、上下を返すように混ぜます。
ページのトップへ戻る