三原市の郷土料理

前のページに戻る

かす汁

かす汁

神明市が近づき、まち全体から浮き立つ雰囲気を感じるこの時期、よく酒かすを売っているのを見かけます。売り場に香り立つ芳香に、思わず手にとってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
酒かすは、日本酒などを作る過程で、もろみから原酒を絞り取ったあとに残ったもので、ビタミンB群や食物繊維が豊富に含まれています。
酒かすに少し残っているアルコール分と根菜の味が溶け合い、ぽかぽかと体が温まるかす汁は、寒い夜にぴったりの汁物です。鮭や豚肉、みそを入れて作ると、よりコクがある味に仕上がります。

材料(1人分)

ぶりのあら
100g
少々
大根
100g
しょうが
1/4片
きぬさや
適宜
A
しょうゆ
大さじ1と1/2
砂糖
小さじ2
みりん
小さじ1と1/2
小さじ2

作り方

  1. ぶりのあらは適当な大きさに切り、全体に塩をまぶし20分位おく。
  2. 鍋に多めの湯を沸かし、(1)のあらを入れて表面が白く色が変わったらすぐに取って、うろこ、アクを洗い、ざるに上げて水気を切る。(臭みを抜く)
  3. 大根は皮をむき、2cmの厚さの半月切りにして、4~5分下ゆでをして水を切る。
  4. 大きめの鍋に、しょうがを皮ごと輪切りにしたものを底に敷き、(2)と(3)を交互に並べ、水をひたひたに入れて火にかける。
  5. (4)が煮立ったらアクを取り、Aの調味料を加え、再び煮立ってきたら落とし蓋をして弱火で40~50分、大根がべっこう色になるまで煮込む。
  6. 器に盛り、針しょうがを添える。
ページのトップへ戻る