三原市の郷土料理

前のページに戻る

えびそぼろ

えびそぼろ

えびは瀬戸内海沿岸でよく獲れ、各地の郷土料理によく登場します。また、三原の沿岸でもよく獲れ、古くから食べられてきました。この時期が旬の新玉ねぎやそら豆とかき揚げにしたり、塩茹でにしたりといった食べ方は、おなじみなのではないのでしょうか。
えびそぼろは日持ちがよく、きれいなピンク色なので、大量に作っておいて、そぼろどんぶりにしたり、お弁当に入れたり、お寿司の具や飾りにして親しまれてきました。味も抜群で、子どもからお年寄りまで、みんなに喜ばれる郷土料理です。

材料(1人分)

小エビ
1kg
1/2カップ
砂糖
1/2カップ
小さじ1/5

作り方

  1. 小エビはさっと茹で上げて、殻をとる。
  2. 小エビの身をすり鉢ですりながら、酒、砂糖、塩少々を加える。
  3. 厚手の鍋に入れ、しゃもじでかき混ぜて、こがさないようにとろ火で火を通す。
    (注意:からからにはしない)
  4. 保存する場合には必ず冷蔵庫にいれる。
ページのトップへ戻る