港(ビジターブース)・クルージング情報!

三原内港客船東(ビジター)桟橋

平成25年4月1日より、三原内港でビジター船舶係留施設の供用が開始されています。
これにより、船舶を利用して三原へ来られやすくなっています。
船旅をされる方には、是非三原に係留してごゆっくりしてください。

施設情報

名称 三原内港客船東桟橋(既設)
所在地

三原市城町三丁目1番


大きな地図で見る

諸元 浮函:1函(27m×2),水深:3.5m
係留可能隻数等 4隻(25ft換算)
使用可能時間 入出航は8時から20時まで(1回の利用につき3日まで係留可能)
使用料金 1回24時間までごとに1,000円(艇長25ft未満)~3,100円(艇長60ft以上)(県条例による。)
※詳細下記の通り
申込窓口 三原市港湾課 三原市円一町二丁目3番4号
TEL:0848-67-6108 FAX:0848-64-6057
注意事項等 係留にあたっては係員の指示に従うこと。
三原市港湾課に備える三原内港客船東(ビジター)桟橋利用基準を遵守すること。

ビジター船舶の用に供する港湾施設使用料(通常使用による場合)

係留一回につき二四時間までごとに 二級施設

単位
金額
艇長25フィート(7.75m)未満
1,000円
艇長25フィート(7.75m)以上30フィート(9.30m)未満
1,100円
艇長30フィート(9.30m)以上35フィート(10.85m)未満
1,300円
艇長35フィート(10.85m)以上40フィート(12.40m)未満
1,600円
艇長40フィート(12.40m)以上50フィート(15.50m)未満
2,100円
艇長50フィート(15.50m)以上60フィート(18.60m)未満
2,600円
艇長60フィート(18.60m)以上
3,100円

係留施設使用許可申請

ビジター船舶係留施設使用許可申請書 【PDFWord
事前に、電話で空き状況の確認をしてください(港湾課:0848-67-6107)
予め利用基準をご確認ください。

※リンクは、申請書・利用基準は、三原市のホームページへリンクしています。


のっとこクルーズ

「旅客定期航路でミニクルーズ」船旅を楽しもう!!

~お得な往復割引運賃のっとこクルーズ~

 「のっとこクルーズ」は、船から降りることなく往復乗っとこうというもので、各旅客定期航路の指定されたクルーズ便により、出航港からフェリー又は高速船等に乗船し、終点港で下船することなく1往復して、再び出航港に戻り下船し、往復運賃の25%から60%割引きで乗船できます。旅客船の利用促進を図るとともに地域の活性化・賑わいにつなげることを目的に実施しています。
 こののっとこクルーズのパンフレットが完成しました。パンフレットには、新ご当地グルメ「三原タコ丼」も紹介されています!!
 瀬戸内・しなまみのクルージングにより、多島美を眺め三原名物のタコを是非お楽しみください。

のっとこクルーズのパンフレットが出来上がりました。

のっとこクルーズパンフ

のっとこクルーズパンフ

対象航路MAP

『割引対象航路及び往復割引運賃(小人 半額)』

事業所名
航路
船種
運賃
瀬戸内クルージング
尾道~鞆
客船
2,000円
瀬戸田~尾道
高速船
1,000円
土生商船
1
三原~重井西
フェリー
600円
2
三原~土生
高速船
1,000円
マルト汽船
3
三原~瀬戸田
高速船
1,000円
ほうらい汽船
4
三原~瀬戸田
高速船
960円
須波航路サービス
5
須波~沢
フェリー
500円
大三島フェリー
忠海~盛
フェリー
500円
大崎汽船
竹原~白水
フェリー
500円
山陽商船
竹原~白水
フェリー
500円
山陽商船
竹原~垂水
フェリー
500円
しまなみ海運
竹原~大長
高速船
1,350円
安芸津フェリー
安芸津~大西
フェリー
500円
しまなみ海運
明石~小長
フェリー
250円

網掛けは、三原市発の航路です。

尾道地区旅客船協会主催によるのっとこクルーズの詳細は、こちらから

ページのトップへ戻る