三原観光navi | 広島県三原市 観光情報サイト 海・山・空 夢ひらくまち

三原観光navi | 広島県三原市 観光情報サイト 海・山・空 夢ひらくまち

メニューMENU

Languages
  • 市内中心部
  • 祭り
三原神明市 みはらしんめいいち
2018年2月9日 ~ 11日 (終了しました) 「神明祭」とは、伊勢神宮を祀る祭りのことを言います。
 この信仰が全国にひろまったのは室町末期で、三原もその頃この地方の港町として栄えつつあり、当時九つの町組が寄り合って始めたのが祭りの起こりと言われています。往路には旧暦1月14日に、とんどをまき、神棚を飾り、伊勢神宮のお礼を受け。あちらこちらの店先に翁人形やだるまを飾りつけ、東町、館町一帯に多くの露店が立って、身動きならない程の人出で賑わいました。 三原城を築いた小早川隆景公はこの祭りを大切なものとし、瓶子一対を寄進し、近郷より繰り出す人出の模様を見てその年の景気を考量されたと言われています。
また、備後地域の春祭りのさきがけとして、その遺風は現在まで受け継がれています。
近年は「神明市」と呼ばれるようになり、全国から500軒を越える露店が軒を連ね、約30万人の人出で賑わいます。
基本情報
開催日時2018年2月9日 ~ 11日 (終了しました)
午前9時から午後20時
開催場所ところ: JR三原駅北側一帯 (三原市東町、館町、本町)

だるま市・植木市をはじめ「約500軒」の露店が勢揃い!
イベントも多数開催されます!
駐車場開催中、会場周辺は、大変混雑が予想されます。公共交通機関をご利用ください。
関連サイト三原神明市(みはらしんめいいち)
資料ダウンロード神明市(しんめいいち)イベントなど

ページTOPへ