沼田西のエヒメアヤメ一般公開
ぬたにしのえひめあやめいっぱんこうかい
  • 市内中心部
  • 毎年開催
国の天然記念物に指定されている沼田西のエヒメアヤメ自生南限地帯の一般公開が行われます。
エヒメアヤメ(古名タレユエソウ)は、(誰故草)と言い、4月中旬〜下旬に紫色の美しい花を咲かせます。
中国大陸を分布の中心とするアヤメ科の多年草で、氷河期に日本列島が朝鮮半島と陸続きであったことを植物学的な証拠として示す貴重なものです。
沼田西のエヒメアヤメ自生南限地帯は広島県で最初に発見され、昭和10(1935)年12月24日、国の天然記念物に指定されました。
開催日時毎年 4月 4月中旬〜下旬
開催場所沼田西町自生南限地帯(三原市沼田西町松江地区)
お問い合わせ先三原市文化課 (0848)64-9234
駐車場
トイレ
備考アクセス:(車で)本郷I.Cから約20分 (バス)JR三原駅から約40分 あやめヶ丘下車 徒歩約15分