毛利3兄弟の「花押帖」販売
  • 2017年2月28日
戦国大名毛利元就を父親に持つ3兄弟が本拠地を置いた安芸高田市、北広島町、三原市は、3兄弟が自筆の書状に記した署名「花押」のスタンプを作りました。スタンプは、3市町の関連資料館に置き、専用の「花押帖」のみにスタンプが押せます。三原市では、三男の小早川隆景のスタンプをみはら歴史館で押すことができます。安芸高田市では長男毛利隆元のスタンプを安芸高田市歴史民俗博物館で押すことができ、次男吉川元春は、北広島町の戦国の庭歴史館で押すことができます。
専用のスタンプを押せる「花押帖」は、うきしろロビーで500円(税込)にて購入することができます。B5変型判で15ページ。3兄弟を紹介したページのほか、それぞれの城跡や墓所などの史跡も紹介しています。
3市町は、「三矢の訓」をテーマに日本遺産の認定を目指して連携を結んでおり「3市町を周遊しながら花押スタンプを集めて楽しんでほしい」としています。