検索結果 : 92件 (1~10件目)
ミニ企画展 「なつかしの三原情景」
  • 2017年3月28日
みはら歴史館で、ミニ企画展「なつかしの三原情景」の展示が始まりました。 昭和25年に開館した映画館の写真や大正末期から昭和初期の糸崎港を望む写真など大正から昭和にかけてのたくさんの写真を見ることができます。 また、三原港や佛通寺の絵はがきなどが展示してあります。 とき:平成29年3月18日(土)~平成29...
Car&Bike三原 名車・旧車大集合が開催されます
  • 2017年3月28日
三原駅前市民広場に懐かしい名車や旧車・バイクがずらりと並びます。めったに目にすることのできないオールドカーやバイクなどを間近に見ることのできる2日間です。 と き:平成29年5月27日(土) 11時~16時 平成29年5月28日(日) 10時~16時 ところ:三原駅前市民広場  三原市城町1-3 入場料:無料
4月1日(土)から4月6日(木)まで、三原港⇔向田港の臨時便が運航されます
  • 2017年3月23日
4月1日(土)から4月6日(木)まで、三原港⇔向田港の臨時便が運行されます。 佐木島に春を訪ねに行きませんか。4月1日(土)から4月6日(木)まで往復合わせて10便の臨時便が運航され、三原港から向田港まで船で片道約20分で結びます。佐木島の塔の峰千本桜の開花時期に合わせての臨時便となっています。 佐木島一番の桜の名...
「瀬戸内三原築城450年事業」マンホールカード配布開始
  • 2017年3月14日
三原市は永禄10年(1567年)、毛利元就の三男で知将として知られる小早川隆景が築いた三原城の城下町として発展しました。平成29年(2017年)は築城450年の節目の年であり、その記念事業としてマンホールカードを作りました。 デザインは、海上に築かれた三原城の石垣のほか、白波と新しい風、瀬戸内海の多島美をモチーフ...
毛利3兄弟の「花押帖」販売
  • 2017年2月28日
戦国大名毛利元就を父親に持つ3兄弟が本拠地を置いた安芸高田市、北広島町、三原市は、3兄弟が自筆の書状に記した署名「花押」のスタンプを作りました。スタンプは、3市町の関連資料館に置き、専用の「花押帖」のみにスタンプが押せます。三原市では、三男の小早川隆景のスタンプをみはら歴史館で押すことができます。安...
【築城450年事業】三原大茶会が行われます
  • 2017年2月28日
【徳寿会 第14回 隆景公茶会】 とき:平成29年5月14日(日) 9時~15時 ところ:ペアシティ三原西館 茶 席:市民ギャラリー(2階)  点心席:みはら歴史館前ロビー(1階) サン・シープラザ(3階) 三原城主小早川隆景公の遺徳を偲び、茶道を通じて地域の文化的向上を目的にしたお茶会です。 お茶席 2席 点心席 ...
【築城450年事業】春風亭昇太のおも城ばなしと落語会開催
  • 2017年2月28日
落語界きっての城マニアとして知られる春風亭昇太さんの「おも城ばなしと落語会」が開催されます。 春風亭昇太さんの城好きは有名で、城に関する本を出版のほか、城を紹介する番組のレポーターも務められていました。 城郭ライターの萩原さちこさんと、城マニアの春風亭昇太さんが三原城「浮城」の魅力を語ります。 ...
【築城450年事業】「直美の部屋コンサート」~箏と篠笛の調べ~が行われます
  • 2017年2月23日
とき 平成29年3月17日(金) 開演 14時 ところ みはら歴史館 入場無料  定員 50名 (申込不要・先着順) 演奏者: 立川淑恵 (たちかわよしえ)     生田流宮城社大師範 広島市在住 箏創作FAIRビクター文化財団賞、宮城道雄記念コンクール作曲部門第一位入賞、厳島神社管絃祭奉納演奏、モントリオール及...
みはら歴史館 ミニ企画展 みはら 雛まつり展
  • 2017年2月23日
平成29年2月20日(月)から、みはら歴史館のミニ企画展が新しくなりました。 明治時代や大正時代のお雛様や三原人形、掛け軸などを展示します。 とき 平成29年2月20日(月)~3月12日(日) 9時~17時 ところ みはら歴史館
【築城450年事業】「ご当地ボックス」販売中!!
  • 2017年2月17日
平成29年1月17日、ヤマト運輸株式会社(広島主管支店)と「業務連携・協力に関する協定」を締結しました。 この協定を契機に、三原市の公式マスコットキャラクターである「やっさだるマン」と特産のタコ・瀬戸内三原 築城450年事業のロゴマークなどが描かれた、三原市独自の荷造り用のダンボール箱「ご当地ボックス」を...